ハワイ島旅行のアドバイス・ハワイ島コナでのダイビングならオーシャンスピリット

1(808)329-4710

ハワイ島旅行のアドバイス

ハワイ島は大きいので移動手段と時間計算がキーポイントです

ハワイ島のどこに泊まるか?

  • ハワイ島はとっても大きな島です。ハワイ島のどこに泊まるか、で楽しみ方が大きく変わってくるでしょう。もし、初めてのハワイ島旅行でしたら、行ったことがある人に地理を聞いて旅行を計画されるといいかもしれません。
  • ハワイ島コナの街中に泊まると買い物や食事が便利です。スーパーマーケット、レストラン、バーが至近距離にあります。昼間は出かけて夜は飲み歩く、という人はコナの街中に滞在するといいでしょう。
  • カメハメハホテル、コナシーサイドホテル、ロイヤルコナリゾート、ホリデイイン、アンクルビリー、その他コンドミニアムなど。
  • 郊外の大型リゾートはノンビリ滞在を楽しむ人にオススメです。レストランや買い物は制限されてしまいますが、プールで遊んだり、スパ、ゴルフなど、とリゾートの中で楽しむことができます。
  • シェラトンケアウホウホテル、フォーシーズンズホテル、ワイコロアヒルトン、ワイコロアマリオット、マウナラニベイホテル、マウナラニオーキッド、マウナケアホテル、ハプナプリンスホテル、その他コンドミニアムなど。
  • ハワイ島ヒロや火山に泊まる場合は少し気を付けたほうがいいかもしれません。ビーチでシュノーケルやサーフィン、マリンスポーツ(ダイビング、イルカと泳ぐツアー、マンタツアーなど)、ゴルフはハワイ島のコナ側で行われています。ヒロからコナまでは車で約3時間かかりますので、ヒロから日帰りでマリンスポーツやゴルフに参加することは難しいでしょう。一方、火山で毎日ハイキングなどを計画されるなら、火山やヒロに滞在したほうがいいかもしれません。
  • ハワイ島の移動手段は?

  • レンタカー、タクシー、バス、または、ホテル送迎付きのツアーに参加、などがあります。日本のガイドブックに掲載されているレストランやお土産屋さんへ行くには、ハワイ島のどこに滞在していても何らかの移動手段が必要です。歩いていける所にはありません。
  • レンタカーが一番便利です。日本の運転免許でレンタカーは借りられます。国際免許は必要ありません。 レンタカーのアドバイスはこちらへどうぞ
  • タクシー:流しのタクシーはありませんので毎回予約が必要です。電話をするかホテルに頼むことができます。値段は高いと感じると思います、メーターの料金の上にチップが必要です。
  • 公共バス:ホノルルのようなバスのシステムではありません。実際には使えませんのでバスでの旅行計画は立てないほうがいいでしょう。
  • 徒歩:日中はかなり日射しも強く暑くなります、坂道も意外と多いのでかなり大変です。夜中まで人が多い繁華街はありませんので夜道の1人歩きは気を付けたほうがいいでしょう。
  • 主なホテルからコナ市街(弊社ショップ)までの片道距離です。(交通事情により前後します。)

    主なホテルから車で 片道距離(約) 片道時間(約)
    マウナケアホテル、ハプナプリンスホテルから 55km 60分
    マウナラニリゾート、フェアモントオーキッドから 50km 50分
    ワイコロアヒルトン、マリオット、ヒルトングランドバケーションから 45km 40分
    コナビレッジ、フォーシーズンズホテルから 30km 30分
    シェラトンケアホウホテルから 15km 20分

    お金は?

  • クレジットカードがほぼどこでも使えます。コーヒー1杯からクレジットカードで買い物できます。ビザかマスターカードがいいでしょう。アメリカンエクスプレス、ダイナース、JCBは使えないところがあります。高額の現金を持ち歩かないほうがいいでしょう。現金は、20ドル札以下(1ドル札をいっぱい)の札で持ち歩くと便利です。一週間前後の観光旅行でしたらトラベラーズチェックは特に必要ないと思います。
  • 携帯電話は?

  • 各社携帯はローミングサービスがありますので、日本の携帯が使えます。範囲は人が住んでいる所ならほぼ使えます。旅行前に料金を調べましょう。
  • Wi-Fiは?

  • ホテルにはほぼありますが、別料金のところが多いようです。また、日本からレンタルでルーターを借りてくるお客さんもいらっしゃいます。レストラン、スターバックス、マクドナルド、など街中でも使えるところが多くなっています。
  • 服装は?

  • 年中昼間はTシャツ、短パン、ビーチサンダルで大丈夫です。でも、長そでやジャケットが一枚あると便利です。朝晩涼しくなることがありますし、建物の中ではクーラーがかなり効いています。そして、火山や山など標高が高いところに出かけると寒くなります。年中日射しが強いので日焼けが気になる方は対策用の服装が必要です。